JNの全力日記

塾講師と野球を頑張る大学生の日記

週4日30分走っていた自分が3週間ランニングをしなくなって感じた体の変化

今回は自分が日課にしているランニング(ジョギング)について書きたいと思います。

 

 

実は1ヶ月ほど前に疲労が原因で自分は体調を崩してしまいました…

 

頭痛が慢性的に続き、その頭痛が治るまでの3週間ほどの期間、少なくとも週に4日は行なっていたランニングができない日々が続きました。

 

人間というのは面白いもので何かを始めた時に効果を感じるのは難しいですが、続けていたことを辞めた時の影響というのは感じやすいように思います。

 

例えばサプリメントなど…

自分はブルーベリー由来のサプリメントを習慣的に飲んでいたのですが、ある日飲むのをやめたら明らかに目が疲れやすくなりました…

 

ということで、2年ほど日課のように続けていたランニングを3週間もの間、完全に行わなくなったことによって体にいくつか影響を感じました!

 

その影響について書いていきます!

 

(頭痛に悩まされていた期間の話なので必ずしもランニングだけが原因だとは断定できませんが…🙇‍♂️)

 

ただランニングをしていない3週間のうちの最後の1週間は体調自体はほぼ回復していたので参考にはなるかと…

 

その1.体脂肪率が上昇した

毎朝、体組成計に乗って体重や体脂肪率、筋肉量をアプリで記録しているのですが、体調が良くなかった3週間の間、体重はもちろん落ちたのですが一方で体脂肪率が上昇してしまいました。

 

体調を崩していたことも原因かと思われますが、毎日頭痛があった訳でもありませんし、食事量はむしろ減っていたのですが…

 

やはり運動不足気味になって脂肪がついてしまったのでしょうか…

 

その2.疲れがとれなくなった

これが自分にとってそこそこの驚きだったのですが、週の終わりの金曜日、異様に体が重たく感じました。

 

週に5日は大学に通っていますが、今まではこんなことはありませんでした。

 

元々、朝は早く起きる生活をしていたので早起きは習慣になっていたのですが…

 

朝の目覚めが非常に悪くなりました😞

 

また、1日単位で見た時も夕方以降の集中力が持続しないのです…

 

元々スポーツをやっていたこともあって夕方以降も集中力と活力を保ち、バイトに勉強に充実した日々を送っていたのですが😱

 

あんなに集中して1日の時間を有効活用できていたのに…と感じていた3週間でした。

 

その3.精神的にネガティブになった

上記のようになかなか集中できないこともあってか、思考が多少ネガティブになりました。

 

考えても仕方ないような考え事をするような時間が増え、現実逃避的な行動に逃げていたように感じます。

 

一方でランニングを再開してからは、頭がスッキリして気持ちも軽くなり、ポジティブな気持ちで常にいられるようになりました。

 

 

ということで!

ランニングが身体の健康に与えていそうな影響をまとめてみました!

 

ランニングを再開してからは大分気持ち的にもポジティブになれています。

 

なので是非とも1度は騙されたと思って1週間ぐらいランニングにチャレンジしてみてください!