JNの全力日記

塾講師と野球を頑張る大学生の日記

2019.6.4 【4番坂本】交流戦初戦、勝利に導いたのは下位打線の戦士たち

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計

巨 0 0 0 0 1 0 0 0 2  3

楽 0 0 0 0 1 0 0 1 0  2

 

試合開始直前、スターティングメンバーが発表された時は遂にこの時が来てしまったか、と思った。

 

前の試合で途中交代になった辺りから少し怪しいな、とは思っていたけれど。

 

交流戦初戦、岡本和真が4番を外れ、好調の坂本勇人が4番に入った。

 

オーダーは以下の通り

1 重信

2 山本

3 丸

4 坂本

5 大城

6 岡本

7 ビヤヌエバ

8 陽

9 小林

 

最近の不調具合を見ていたら、いつかこうなる気はしていた。

 

今後の試合でも4番坂本が続くのであれば、打順が変わったことによって坂本の打撃の調子が落ちないことを祈るばかり。

 

 

 

さて、試合の方は巨人今村、楽天塩見の両先発が粘りの投球を見せ4回終了時までは互いに無得点。

 

2回表に大城、岡本の連打で作った巨人のチャンスも結局無得点。

小林に期待してたけど、2ボールからスイングしてショートライナー。

惜しかったし、小林らしいか…

 

 

フレッシュなメンバーによる先発が予定されている交流戦の序盤、今村はランナーを出しつつも素晴らしいスタートを切ったと思う。

 

 

試合が動いたのは5回表、久々のスタメンとなった8番陽岱鋼が右方向へ「らしい」ホームランを放ち巨人が先制。

 

しっかり存在感を見せつけた。

 

 

しかしその裏、楽天ブラッシュもホームランを放ち同点に追いつく。

初めて見たとき凄い構え方だと思ったけど、相当パワフルで怖いバッターだと思った。

 

 

今日の試合は両チーム似たような攻撃パターンが多かったな、という印象。

 

どちらが勝ってもおかしくなかったと思う。

 

 

そして両先発がマウンドを降り、8回裏、楽天浅村のホームランで遂に楽天が逆転。

(巨1-2楽)

 

打たれたのは高木京介投手。

 

実はここまで1軍で黒星がついていない高木投手。

このままだと不敗神話が崩れてしまう。

f:id:bio19base:20190604215804j:image

 

 

そして9回表。

 

先頭の6番岡本和真がセンター前ヒットで出塁し、代走に増田が送られる。

 

岡本は今日2安打の活躍。

まだタイミングは合ってない感じがするけれど4番を外れて良いきっかけになったら嬉しい。

 

 

続く7番ビヤヌエバ

 

正直期待はしていなかった。

だって1打席目2打席目の三振見た?

変化球に全くタイミングが合わずに同じような三振。

高校野球なら間違いなく監督激怒→交代の流れだろう。

 

バントさせるなら代打だろうと思ったし、つまり打つんだろうな、ゲッツーだけはやめて…

ピッチャー松井裕樹だし…

 

と思ってたら3球目。

 

 

え、嘘。

 

 

思い切り引っ張って、6月1日の満塁ホームランを彷彿とさせるような当たり。

 

そして彷彿とさせるようなドヤ顔。

 

逆転ツーランホームランを放ってみせた。

(巨3-2楽)

 

サプライズ好きなのかな、ビヤヌエバ

最初の2打席の三振はなんだったの?

ちゃっかり甘く入った変化球を弾き返した。

 

 

ちなみに、この後の小林にもちょっと期待したけどファーストフライ。

 

 

 

さて、迎えた9回裏、マウンドには中川投手。

 

しかし色々あってノーアウト1、2塁。

なんか雲行きが怪しくなってきた…

 

 

このピンチ、なんとかしのいでくれ、と思っていたら。

 

バッターの楽天・辰巳選手がバントの構えから低めのボール球を見逃した。

 

そして小林君がショート坂本に送球。

 

完璧なコントロールでセカンドベースへと向かって放たれたボールは、坂本のグラブに収まりランナーにタッチ。

 

アウト。

 

得点圏に背負っていたランナーを一瞬にして刺してみせた。

 

 

これだから小林君のことを応援してしまう。

 

いざという時に必ず頼りになる、ってほどではないけれど。

 

いざという時たまにチームを救ってくれる。

そして顔がカッコ良い。

 

だから小林誠司のファンはやめられない。

 

 

結局このまま巨人が勝利、交流戦初戦を白星でスタートできた。

 

打順を下げられた6番岡本和真が意地の2安打でチャンスを作り、7番ビヤヌエバは突然ホームラン打つし。

 

8番陽岱鋼はスタメン起用に応え逆方向への先制ホームラン。

 

9番小林は最後に守備で魅せてくれた。

守備はピカイチだから、バッティングは時々で良いかな…

 

 

下位打線の4人が活躍した交流戦初戦。

 

丸や坂本に注目が集まりがちだけど。

下位打線が打てる時の巨人は本当に強い。

 

谷佳知、李承燁、阿部慎之助小久保裕紀など…

こういう怖い下位打線がいた時の巨人は本当に見ていて楽しかった。

 

もちろん今も楽しいけど、今日みたいに下位打線が奮起してくれたら、もっと楽しいと思う。

 

 

岡本には早く4番に戻って欲しいけど、

小林にももう少し打ってほしいけど。

 

 

とにかく阿部の400号と坂本のサヨナラ打に埋もれてヒーローインタビューに呼ばれなかったビヤヌエバが、仙台の地で楽しそうにヒーローインタビュー受けられて本当に良かった。

f:id:bio19base:20190604222837j:image

読売巨人軍公式サイトより

 

今年は交流戦で貯金を稼ぐぞ!