JNの全力日記

塾講師と野球を頑張る大学生の日記

語学学校での呼ばれ方について。ニックネーム(イングリッシュネーム)の決め方について。【フィリピン語学留学体験記】

f:id:bio19base:20191222203117g:plain


 

 

 

今回は語学学校での名前の呼ばれ方について記事を書いて行きたいと思います。

 

フィリピンの語学学校SMEAG校に留学していたことがあるのですが、入学時にニックネーム(イングリッシュネーム)を決めることになります。

 

日本人の名前は場合によっては外国人からすると発音しにくい場合があります。

 

その辺りも含めて、先生や友達から呼んでもらう際のイングリッシュネームを決めるのですが、どのような名前にすれば覚えてもらいやすいのでしょうか?

 

 

パターン1:日本の名前をそのまま使う

 

上記にあるように日本人の名前は、時々外国人からすると非常に発音しにくいことがあります。

 

語学留学中は当然日本人とも会話しますが、先生も含めほとんどの会話相手が外国人となるので、あまりにも発音しにくい名前や長い名前は避けるようにしましょう。

 

日本の名前を使うことのメリットとしては、即座に反応できるという点です。

 

このあとパターン2で紹介しますが、英語名を無理やりつけた場合は慣れるまで反応することができません。

 

会話中や後ろから呼ばれた時など、慣れていないイングリッシュネームで呼ばれても即座に反応できないことがあります。

 

こういった点も含めると日本語名をそのまま使ったり、短縮して呼びやすくしたものを名付けることが出来れば一番楽かもしれません!

 

 

 

パターン2:外国人の名前を拝借する

 

イングリッシュネームを決める際に一番多かったパターンがこの外国人の名前を拝借するパターンでした。

 

例えば好きな映画や小説、ドラマなどから名前を拝借するといいと思います。

 

自分の友達の場合だと、SmithやBob、Mike などの名前をつけている人がいました!

 

このパターンの大きな利点としては、他の人に簡単に覚えてもらえる!という点です。

 

パターン1のように日本名を使ってしまうと、どうしても他の国籍の友達にとっては馴染みがなく、覚えにくいものになってしまいます。

 

一方、外国人の名前を拝借した場合は皆どこかしらで耳にしたことがある名前になると思うので、先生も含め、簡単に覚えてもらうことができます。

 

 

欠点としては、

慣れるまで自分が反応できない

他の人と被る可能性がある

という辺りが挙げられます。

 

ただ好きなキャラクターや人物像になりきることができる良い機会かもしれないので、このパターン2もなかなか面白いと思います!

 

 

パターン3:英語の単語から名前をつける

 

こちらはほとんど番外編ですが実際にやっている生徒も何人かいました!

 

英単語やブランドなどから自分のイメージに合うものを拝借するということです。

 

例えば、Angel(エンジェル)やPORSCHE(ポルシェ)などのような感じです。

 

最初は笑ってしまいましたが、その奇抜さと強い印象から一瞬で覚えることができました。

 

 

ぶっ飛んでるように感じるかもしれませんがパターン3は中々にオススメです。

 

日本人なら海外でも人気な車のメーカーや家電メーカなどからイングリッシュネームを拝借してしまうのもありかもしれません!

 

 

 

以上、3つのパターンに分けてイングリッシュネーム(ニックネーム)の決め方について書いてきました。

 

語学学校での呼ばれ方は長期留学なら特に重要になってくると思うので、初日に決める際に慌てて変な名前をつけてしまわないように事前に考えておくといいかもしれません!

 

自分はこのシステムを知らなかったので日本名を短縮してニックネームにしてしまいましたが、もう少し考えておけば良かったかな、とも思います笑

 

 

他にも語学留学に関して(特にフィリピン)の記事を沢山書いてますので良かったら読んでいってください🙌

 

 

語学留学の関連記事

 

zen.jnzenryoku.work

 

 

zen.jnzenryoku.work