JNの全力日記

塾講師と野球を頑張る大学生の日記

SMEAG校での食事について徹底解説!時間帯やメニュー、気になる味などまとめました!【フィリピン語学留学体験記】

f:id:bio19base:20191201153920g:plain

実は先日までフィリピンに語学留学に行っておりました!

 

通ったのはセブ島にあるSMEAG校のスパルタキャンパスです🇵🇭

 

到着前は様々な疑問があったのですが、なかなか情報が少なかったので…

自分が記事を書くことにしました!

 

今回は特にSMEAG校のスパルタキャンパスとクラシックキャンパスでの食事について書いて行きたいと思います!

 

目次

 

 

SMEAG校の食事システムについて基本情報

 

まず、そもそもスパルタキャンパスとクラシックキャンパスは同じ敷地内にあるので、どちらのキャンパスに通うにせよ、クラシックキャンパス内の食堂で食事をとることになります。

 

キャンパスと言うと離れているような印象を受けますが、同じ高校の中の別の建物に移動するといったような感じでした🙌

 

基本的にはバイキングというかブュッフェといか、自分で食べたいものを好きな量だけお皿に盛り付ける感じのスタイルになります。

 

といってもホテルのバイキングのように種類が多いわけではなく、基本的には主食、主催、副菜などが各2種類ずつぐらいあるので、好きな分量取っていく感じです。

f:id:bio19base:20191117163046j:image

↑ごはんやおかずのレーン

 

食事後に使った食器類は返却口か返却台に返す形になります!

 

 

SMEAGで提供される食事のメニューについて

 

気になっている方も沢山いらっしゃると思いますが、提供されるメニューは日本食・韓国料理・中華料理がメインになります。

 

毎食白米も必ずメニューにあった気がします。

 

炭水化物ですと、米類が白米+もう1種類あるような形で、朝食のはパンやシリアルなんかもあります。

 

パスタみたいなものもありました🍝

 

日本人にとっては白米が毎食食べれるのは嬉しいですね!

 

 

おかずは肉類から揚げ物、時には天ぷらまで様々でした。

 

具体的には…

かき揚

・チキンナゲット

・カレー

・麻婆豆腐

・コロッケ

・油淋鶏みたいなやつ

 

などなど…

 

魚類を使った料理は流石に少なかった印象を受けますが毎日色んな料理が出てくるので飽きることなく楽しめました🙆‍♂️

 

サラダバー形式のレーンやスープ専用のレーンも毎日あるので栄養面も心配ないかと思います!

f:id:bio19base:20191117163216j:image

↑スープ専用レーン

 

 

SMEAG校こだわりの食事。気になる味は…

 

メニューが多くても美味しくなかったら耐えられないですよね…

 

正直言いますと、ごく稀に食べれないほど美味しくないメニューもありました

 

というか、日本人の口に合わないというか…

 

ただ、めったにそんなものは出ないですし、基本的にはほぼ全ての料理が美味しく食べることができます!

 

最悪食べれなくても残飯として捨ててくれるので、食べることができる好きなものに絞って食べても良いと思います!

(ちなみに韓国人の学生は驚くほど残します、好きな量だけ取ればいいのに、なんでそんなに取るの?ってぐらい…文化の違いでしょうか)

 

毎日美味しすぎて太る人もいたようでしたよ笑

 

ただ素材は日本のもののほうが美味しいので、味付け以外の部分で少し劣って感じる時もありました。

 

 

 

食器や飲み物、デザートについて

 

食器は四角いお皿にご飯からおかずまで入れていく形になります。

 

お箸、スプーン、フォークで食べることができるので、その辺りも困りませんでした🙌

f:id:bio19base:20191117163547j:image

 

気になる飲み物ですが校舎中に設置してあるウォーターサーバーが、食堂内にも3ヶ所存在します。

 

その横にコップも置いてあるので水はいつでも好きなだけ飲むことができます。

 

その他にも、朝食やブランチの際は牛乳やオレンジジュースなども飲むことができるので特に心配はいりません。

 

オレンジジュースはちょっと甘すぎるぐらいでしたが…笑

 

 

そしてデザート的なものですが、残念ながら用意されていません。

 

語学留学中は特にスパルタキャンパスの場合、月から木曜日までは外出禁止ですし、節約したかったので甘いものが恋しくなりました🍫

 

ただ、サラダバーの中になぜか置いてあるラスクや、朝食の際に食べることができるジャムパン、シリアルと共に食べることができるレーズンなどで甘みを味わっていました笑

 

どうしてもお菓子等を食べたければ売店にも置いてあるので、学内専用の電子マネーで購入しましょう👍

 

ちなみに売店にはアイス等もありましたが、詳しくは別の記事で紹介したいと思います!

 

 

セブ島のSMEAGでの食事の時間と土日について

食事の時間は以下の写真の通りに決まっています!

f:id:bio19base:20191117182830j:image

 

月曜日から土曜日まではこの時間の通りで、時間内なら好きなタイミングで食事をとることができます🍚

 

日曜祝日は確か10:30〜13:00ごろのブランチと17:30〜19:20までの夕食の2食になります。

(すみません、時間はちょっと怪しいです…)

 

つまり外食することなく留学期間を過ごすことができるので節約することはできますね!

 

時には外食するのも楽しいですし物価も高くは無いのでオススメですが…

 

 

食事中の様子について

 

これも気になるかと思いますが、食事は友達と食べている人もいれば1人で食べている人もいました。

 

特に韓国人は多くの学生がいるので、韓国人同士で韓国語を喋りながらご飯を食べていました笑

 

自分の場合は授業が終わったあとに、同じクラスの外国人の友達と食事をしたり、1人で食堂に行って知ってる友達のところに飛び込んだりしてました!

 

もちろんタイミングが合わなかったり、疲れてる時は1人で食べることもありましたし、それも決して悪いことではないと思います笑笑

 

 

 

ということで、フィリピンのセブ島にある語学学校SMEAG校での食事について書いてみました!

 

留学前は不安なことがあったりすると思いますが、少しでも詳細な情報を書いて記事にしていきたいと思いますので、準備や荷造り等に役立てて頂けたら嬉しいです!


食事に関することはもちろん、それ以外のことについても質問などありましたら是非コメント欄にお願いします!

 

答えられる限りで記事にしていきます🙂

 

読んでいただきありがとうございました🙇‍♂️